インフルエンザ予防に歯磨きを

寒い日が続いていますが皆様お元気でお過ごしでしょうか。

昨日はインフルエンザが注意報レベルを超えて猛威を振るっているとニュースで報道されていました。

インフルエンザの予防といえばワクチンの他、”手洗い、うがい”が有名ですね。

勿論基本は大切ですが、歯磨きや口腔ケアも実は有効である事をご存知ですか?

インフルエンザウイルスは口腔内の常在菌のノイラミニダーゼ(NA)という酵素を介して増殖します。インフルエンザ治療薬はこのNAの働きを妨げる事で効くという仕組みです。

口腔内をキレイにする事で常在菌を減らす、つまりNAの発生を少なくすればインフルエンザの予防になると言うわけです。

実際に研究で口腔内を不潔にしている事でインフルエンザに感染しやすくなる、あるいは歯周病による炎症もウイルスに感染しやすくなるという結果も出ています。

また、別の疫学的調査でも介護施設で歯科衛生士が歯磨きと舌磨きの指導を行ったところ、通常の歯磨きだけを行っていた施設に比べてインフルエンザ感染が10分の1に激減したというものまであるのです。

ここに出てきた舌磨きですが、実は舌の上には沢山の細菌が絡みついているので正しい舌磨きを歯磨きに追加する事でお口の中の細菌の量は格段に減るのです。

そしてご自身でなかなか届きにくい汚れについてはやはり歯科衛生士といったプロによるケアが有効です。

是非みなさんも”うがい、手洗い”に加えてちょっと気を付けてみてはいかがでしょうか。

健康に寒い冬を乗り切りましょう!

前の記事

”未病”のうちに・・