インビザライン Hさん体験記⑤

新年初めての投稿でございます。皆様今年もよろしくお願いいたします。

インビザラインでのマウスピース矯正治療を行なっているHさんが感想⑤を寄せてくださいました。

当初より計画通りに動かない歯が出てくる事がある、ということはお話ししてありましたので想定内ではありますが、ご本人としてはスキャナーでの型取り、そして新しいマウスピースが出来るまでの間はとても長く感じられたのではないでしょうか。

各ステップを今回は長めに使って頂いて様子を見ています。しっかり使って頂いていても相手は生身の身体ですから上手く反応してくれない事はあるものなので、ご本人も励ましつつ前向きにその都度対応していくことにしています。

スキャナーは当院では導入して間もない為、長めにお時間を取っていますが、最近ではかなりスタッフも慣れて時間短縮されてきました。

以下、Hさんからの感想です。

****************************

【1巡目Step10-11感想】

上顎のマウスピースがピッタリ合わなくなっている歯を除いて、順調に動いている気がします。
Step11で、再度スキャナーで型取りしました。初めてスキャンした時には、なかなか奥歯が上手くいかなかったのですが、2度目なので慣れてきました。所要時間は、1時間ほどでした。

先生に、新しい治療計画を立てていただいて、マウスピースが手元に届いたのは4週間後でした。

【2巡目Step1-3感想】

Step1装着のために、1巡目のアタッチメントを全て外して、新たに14箇所付け直しました。それに、下顎の歯を4箇所削って小さくしました。
1巡目は7日ごとに交換していましたが、2巡目は動きが遅い歯に合わせて10日ごとの交換にしました。

1巡目の時には、次のマウスピースに交換すると、すごく圧迫感がありましたが、2巡目ではStep2のマウスピースに交換しても、圧迫感が少なくなりました。

Step3では、Step4に向けて下顎の歯を2箇所削って小さくしました。
1巡目より歯を削る箇所が増えたのですが、噛み合わせのためには仕方がないそうです。

先生に装着具合を診ていただくと、動きの遅い歯の先端とマウスピースに隙間があることが分かりました。
アライナーチューイをよく噛むことと、装着期間を長めにした方がよいとアドバイスをいただいたので、気をつけるようにしています。
今回は「急がば回れ」を肝に銘じて、慎重に進めていこうと思います。

1巡目Step10-11感想】