インビザライン Hさん体験記②

Hさんが次のステップでの感想を寄せてくださいました。

インビザライン は患者さんにもよりますが、歯の表面に白く目立たない突起物(アタッチメントと言います)を付けたり、混み合っている歯を少し小さくしたりする事があります。

Hさんは先日一部そのような処置をして新しいマウスピースに変えたところです。

********************************

【Step2感想】

Step2から上下16本の歯に、アタッチメント(白い突起)の接着をすることになりました。

マウスピースのアタッチメントがはまる溝を見た時には大きいと思いましたが、実際に接着したアタッチメントを見ると、ほとんど目立たなくて安心しました。
マウスピースを外して食事する時に、上の歯は少し引っかかる感じがします。

また、隙間を作るために、右下1本の歯を削りました。

虫歯治療と同じくらいの振動と音で、全く痛みはありませんでした。自然な形に整えていただいたので、見た目に変化はありませんが、隙間がしっかり出来ました。

アタッチメントが付いたので、マウスピースの着脱は少し難しくなりました。
外す時に、アタッチメントが取れてしまうのではないかと心配になりますが、けっこう頑丈です。

アタッチメントの凹凸は、さすがに目立つだろと思いましたが、職場でマウスピースを着けていることに気付く人はいません。

********************************