オフィスホワイトニングで歯周病予防!?

最近は歯をホワイトニングする方も多くなってきました。

笑った時の白く輝く歯は爽やかですよね。

実は若く見えたり肌の透明感まで増して見えたりします。

このホワイトニングには歯を白くするだけではない複合的な効果があるのをご存知ですか。

歯科医院で光を当てて行うホワイトニングをすると、歯の表面が滑らかになる作用があります。

‥という事は、ツヤツヤな見た目になるだけではなく、茶渋や細菌といった汚れも付きにくくなります。

茶渋は表面が凸凹しているのでそこに細菌が乗りやすくなってしまうので実は見た目だけの問題ではなく付いていない方が良いのです。

細菌は歯周病や虫歯、口臭の原因になるのをご存知ですか?

細菌が付きにくくなることで結局は歯周病の予防にも一役買っていると言えるのです。

しかもオフィスホワイトニングの際に使用する薬剤は殺菌作用のある過酸化水素、つまりオキシドールと同じ成分なのです。濃度は国家資格のあるプロが使用しますので、オキシドールが3%程度なのに対して35%といった濃いものを使用しますが。

ホワイトニング剤は歯に悪いのではないかと考えている方もいるかもしれませんが、正しく使用すれば安全性の高いものです。

ホワイトニング先進国であるアメリカの米国食品医薬品局:US Food and Drug Administration(FDA)で害がない事が保証されています。

笑顔の印象も良くなった上に、こうして汚れが付きにくくなるならこんなに良い事はありませんよね。

プロである歯科医師、歯科衛生士の元で正しく行えば歯も白くなって健康にも良いという事です。

当クリニックでは国内最大手のホワイトエッセンスと提携していますので、安心、安全、かつリーズナブルな価格でホワイトニングを受けていただけます!

参考:Effects of Staining on Color Change of Pre-whitening and Whitened Tooth 日本歯科保存学雑誌 50(6), 675-680, 2007