矯正治療の前に歯周病治療を

歯並びやかみ合わせを治す矯正治療。

最近では大人になってから矯正治療を受ける方も多いと思います。

子供の場合も勿論装置が歯に付くと歯磨きがしにくくなりますので、虫歯や歯肉炎の注意をしなくてはなりません。

大人の場合は治療開始を検討している時、更に歯周病が始まっている可能性も高く、より厳密にその対策が必要です。

だって歯並びは良くなったけど矯正治療が終わって装置を外したら虫歯だらけだったり歯周病で歯がグラグラになってしまったら悲しいですよね。

歯並びが悪いと歯磨きがしにくいので将来の歯周病対策にも矯正治療はとても有効です。

そしてかみ合わせが悪い上に歯周病を発症すると、強く当たっているかみ合わせの歯の部分の歯周病は加速して悪くなってしまいますので矯正治療は良い選択です。

でもその前に・・。

矯正治療を始める前に虫歯のチェックは勿論ですが、歯周病のチェックもしましょう。そしてその傾向があればまずは歯周病の治療をしてから始めるべきです。

歯肉に炎症があるまま矯正の力がかかってしまうのは危険です。

歯周組織は力がかかった場合に破壊 が進行することがあるのです。

ですから歯周病を診る歯科医師と、矯正の担当医が連携できる環境がベストですが、別の歯科医院に受診するようでしたらまずは歯周病のチェックをお勧めします。

矯正を担当する歯科医師は専門性が高く、歯周病への対策を十分には出来ないことがあります。

そして歯周病治療担当の歯科医師や歯科衛生士から、矯正医にどの程度の歯周病の状況なのか報告をしてもらえるとベストです。

歯周病が進んでいる歯があれば、矯正のためにかける力を弱くしたり、といった調整が必要だからです。

そして歯周病治療は本当の意味での”終わり”はありません。

歯周病の治療が一段落しても、継続しなければなりません。

つまり矯正装置が入っても定期的に歯周病の管理が必要なのです。

矯正治療では複雑な装置が沢山歯につきますのでご自分でのお手入れは格段に難しくなります。

それを歯科衛生士などの力でケアし続けるのがお勧めです!!

参考文献:日本臨床矯正歯科医会雑誌 (0915-5589)27巻1号 Page2-4(2015.09)