歯周病ってそもそもどんな病気?

最近はテレビのコマーシャルなどでも歯周病ってよく耳にすると思いますが、実際にはどんな病気なのでしょうか?

以前はなんだかよく分からないけれど歯茎から膿が出てそのうち歯が抜ける病気として歯槽膿漏(しそうのうろう)と言われていた病気ですが、これは症状を名前にしたアダ名の様な言い方です。

現在では基本的な原因は分かってきて、歯周病に関わる細菌によって歯の周りの組織(歯肉や歯を支える骨)に炎症が起きて徐々に歯を支えている骨がとけて無くなっていってしまうという怖い病気なのです。

歯を支える骨がとけてしまうという事はたとえ虫歯になっていない歯でもグラグラしてきて重症になると痛みも出てついには抜かなくてはならなくなったり自然に抜け落ちてしまうのです。

でもその進行はとてもゆっくりで、初めは痛みもない為自分では気づきにくいものです。

逆に歯肉から出血するからそっとしておこう・・などと自己判断をしてしまうとかえって歯周病菌が増えて悪化してしまったという事もあります。

だからこそ、プロである歯科医師、あるいは歯科衛生士による定期的なチェックやクリーニングが必要不可欠なのです。

勿論毎日のご自分での歯磨きや生活習慣が一番大切ではありますが、正しく磨けているか、どのような事にに気を付けて生活するのが良いのかも専門家にアドバイスをもらうと良いでしょう。

前の記事

堀ちえみさんの舌ガン

次の記事

口臭の4大原因