”未病”のうちに・・

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のM’sデンタルクリニック麻布十番です。

以前開催された”お口からはじめる全身の健康 未病フォーラム”の話について新聞で特集されていたころがあります。

未病とは、病気と健康の中間、つまり病気と診断されて要るわけではないが異常が何もない訳ではない、という状態です。

そこで大阪大学の天野先生のお話があります。

「歯周病はSilent Diseaseとも言われ、自覚症状が少ないまま進行します。

なんらかのきっかけで歯周病菌に感染してから歯周病が発症するまでは未病の状態と言えます。

未病の状態でのケアが大切です。

歯科医院で定期的にチェックとメンテナンスを受けつつ日々のご自身での歯磨き、さらには歯間ブラシやデンタルフロスなどでのお手入れをしましょう!」

・・といった内容でした。

いつもこちらでお話する事と同じ事ではありますが、これからは病気を未然に防ぐ、予防の時代なのですね。